車中泊・道の駅・サービスエリア・グッズお役立ちブログ - Part 2

最新情報

2016年8月6日パーキングエリア・サービスエリア
紀勢自動車道。紀北パーキングエリア(PA)地元食材が
2016年8月6日道の駅
愛知県道の駅伊良湖クリスタルボルト@渥美半島
2016年8月5日パーキングエリア・サービスエリア
常盤自動車道守谷SA(上り)にリニューアルでドッグランが新設
2016年4月1日グルメ
新東名NEOPASA静岡(下り)グルメランキングとガンダムグッズと楽しさ満載
2015年8月9日グッズ
車中泊用品の収納は購入しなくても良いグッズが身近に

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

東京都でおススメのパーキングエリアと道の駅まとめ

車中泊に便利な場所は、できれば大きい駐車場でたくさんの車が駐車していて自分と同じように車中泊をしている人がたくさんいるような場所がベストだと思います。その方が絶対に安心感があると思います。

たとえば、高速道路のパーキングエリア、略してPAなんてもろそうだと思います。

その他にも大きい目立つ明るい照明がついた建物の目の前の広いスペースや駐車場もとても安全な場所だと思います。ただし、その場合スペースの場合は、すぐ傍の建物ので許可をもらって、事前に駐車禁止にならないようにした方が良いと思います。

全国に1030箇所もある道の駅も最近ではとても有名な車中泊にふさわしい場所となっています。

都内で最も人気が高い道の駅は、東京 道の駅 人気ランキングの1位の東京都八王子市石川町にある石川パーキングエリアや2位の東京都八王子市滝山町1丁目592-2にある道の駅八王子滝山、3位の東京都八王子市高尾町にある清滝駅などです。

石川パーキングは駐車エリアが広く売店やトイレもあるのですごく便利だし、道の駅八王子滝山は、平成19年(2007)4月1日に開駅したそうです。2014年現在、都内で唯一の「道の駅」となっています。駅長は、つい最近、文化放送のラジオに出演したこともある、交通評論家の芥川麻実子(芥川也寸志の長女、芥川龍之介の孫)さんだそうです。また、清滝駅は、高尾山の玄関口と言われています。ケーブルとエコーリフトの始発駅でもあります。

談合坂SAで車中泊体験談。さくらんぼ農園は、とても楽しかった

週末少しあしを延ばして車で出掛ける予定を立て車中泊を考えてみました。
節約になりますし、お得感も有り時間までも有効利用出来たと思います。
最近ではfamilyむけのワンボックカーや軽自動車等も内装が広く、空間を利用できるように寛げるように考慮計算された車が増えていますし、人気が有ると思います!
週末仕事を終えてさくらんぼの情景を想像しながら、荷物の準備をしてワクワク出かけます。金曜日の夜から首都高速を抜けて中央自動車に向かい出発します。夜は順調にさほど混まずに、人気の有る談合坂SAで車中泊します。愛犬等飼っている方はドッグランが有り楽しめると思います、ご当地グルメや地方のお土産物、フードコート、神戸屋さんの富士山をモチーフにしたマウントメロンパンetc…色々楽しめながら休めそのまま寝ます、就寝は車中泊で車の中には薄手のブランケットなど用意してますが、シラフを使用します。夏に向ってますが、6月7月の夜などはまだ寒く感じる日もありますので、シラフに包まって温かく寝ます。Family向けワンボックカーなら後部座席を全て倒してベット風にしてブランケットを掛けて寝てしまってもいいですよね、体が休まります。
                                おやすみなさい。
朝さくらんぼ農園に向かい出発します
山梨市内のさくらんぼ農家を営んでおられる山口農園さんでは、6月7月に掛けて
観光のお仕事を家族で行っていました。家族みなで仕事をする様子を見ていて、とても心が朗らかになりました。さくらんぼ農園では赤く実のついた木々が木漏れ日を浴びながら心地良さそうに逞しくも感じました。さくらんぼの実は沢山実っていて高い所は脚立等が用意されており自由使えるようです。さくらんぼはとても甘く大粒で後をひく美味しさでした。
時間の制限40分位と料金1人2000円、団体割引等も有るようです幼児等は無料で家族などでは十分に楽しめると思いました。お土産も充実していて佐藤錦や紅秀峰、縁起担ぎの双子ちゃん等、 少量から贈り物等、宅急便での受付等も人気が有るようでした。
山口農園さんをあとにし、同じ山梨市内に万力公園という動物や鳥などと、小川が流れていたりする公園に行きました。孔雀やフラミンゴ、カピパラやアライグマ等他にも色々な動物に出会えます。最近ではカピパラの赤ちゃんが生まれていて人気があるようです。

時間も遅くなり、また高速に乗り下りの談合坂SAへ中央自動車は案の定渋滞で談合坂まで時間がかなりかかりましたが、また休憩で車中泊です。仮眠してゆっくり体調を戻して帰りました。車中泊かなり気に入ってます!

子供と一緒に車中泊。おすすめのテクニック

子ども二人と夫婦で車中泊をします。車はトヨタ ノアです。
最初にしておくことは運転席と助手席以外は土足禁止にしておくことです。乗るときに靴を脱いでしまうといろんな場所に動けるので便利です。(靴を脱いで忘れないようにしてくださいね)
窓全体にカーテンがあれば一番いいですがバスタオルや大きい布を窓に張るのでも代用できると思います。
3列目のシートを寝かせると高い位置に寝ることが可能ですが立ったりすると頭を打ったりうまく動けないので3列目は上に座席を上げて床にセミダブルの布団を敷きます。シングルだと幅が足りないんのでセミダブルだとぴったりです。長さはあまるので後ろの方で折っておくと低いですが枕代わりになります。2列目は一番前の位置まで動かして座れるようにしておきます。チャイルドシートが必要な場合は2列目に1つつけます。イスが回転する場合は回転しておくと大人も足を上に伸ばしてねっころがる事ができます。助手席はできるだけ前に位置をずらしてチャイルドシートか靴を脱いで足を組んだりするのがお勧めです。2列目と助手席の間の下には脱いだ靴や荷物がしまえるからです。
私の必需品としてフェイスタオル2枚とハンガー、防水シーツがあると便利です。タオルは顔を洗ったときにも使えますが乾燥対策にはバッチリです。
3列目の部分に濡らしたタオルをハンガーにかけてぶら下げます。車の中は思った以上に乾燥してますので数時間でカラッカラになるときもあるのでのどの調子、風邪対策としては最高です。防水シーツは敷いておくと子どもが布団の場所で飲み物をこぼしても大丈夫ですし最悪興奮してしまいお漏らししても大丈夫なようにです。車中泊中に布団を汚してしまうと干す事も処理することもなかなか大変です。

熊本県の道の駅七城メロンドーム。お米とお米アイスがグルメで美味しい

九州住まいの頃、熊本県の七城メロンドームに飽きずに何度も通っていました。
名前の通り、名産のメロンがこれでもかと品揃えされており、建物もメロンそのまんま!
かなりメロンメロンした施設ですが、
私がいつも楽しみにしていたのは七城で採れたお米で作った冷めた白おにぎり。

この投稿の続きを読む »

釣りに行く時は、車中泊とスーパー銭湯で(小平さん)

自分は趣味で釣りに行く。基本的にはその日に行ってその日に帰ることが多いのだが、
連休などの時や疲れがあまりない時は次の日も釣りをしていることがある。
そういう時の為に車の中には簡単な寝る用意をしている。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ

イメージ画像