キャンピングカーでスキー場に行くメリットとデメリット | 車中泊・道の駅・サービスエリア・グッズお役立ちブログ

キャンピングカーでスキー場に行くメリットとデメリット

「キャンピングカー」と聞くと、非常に高額で大きな乗り物であり、とても遠い存在のような気がしますが、実は意外と価格帯が落ち着いてきています。
中古であれば、トラックタイプものでも200万円〜300万円あたりで購入できてしまいます。
そんな理由からか、最近は道の駅などいたる所でキャンピングカーを目にします。

今の時期、スキー場へキャンピングカーへ行く人も多くなってきました。
その人気の秘密はどこにあるのでしょうか?

以下に、メリット/デメリットを挙げてみましたので、参考にしてみてください。

<デメリット>
1、年に数回しか使わないのであれば、車体価格との費用対効果が薄い。
2、普通車と比べて、高さがあるので入れる場所、通れる道路が限られる。
3、車体が大きいので、駐車場所に困る。
4、真後ろなど死角になるポイントが多いので、ある程度の運転経験が問われる。

<メリット>
1、車内は暖房や換気扇などが使えるので、防寒対策にあまり気を使わなくてもOK。
2、サブバッテリーが標準で装備されているので、電気に困らない。
3、キッチンが搭載されいているので、車内で簡単に安く御飯を食べれて節約になる。
4、シャワーやトイレが付いているので、ゆったりとホテルのようにくつろげる。

このように、デメリットよりも、メリットの方が圧倒的に上回っているため、利用する人が多いように思います。

最近では、レンタカーも数千円/日から借りれるので、まずはこちらで試してみてから、、というのもありではないでしょうか?

>>>いつもガソリン【2円/L】値引き・初月は【5円/L】値引きなど7つの特典つき出光カードまいどプラス!<<<

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

次の関連記事がよく読まれています。

    None Found

スポンサード

人気記事

最新情報

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像